【宝塚市】宝塚自然の家は今?少し復活したというアスレチックを体験してみた!

2019/05/11 08時00分

宝塚自然の家が2016年3月に休所してから、はや3年。
2018年4月からは「日曜祝日だけ施設の一部を開放」されていたようですが、すっかり足が遠のいていました。

ところが、今回こんなチラシを発見!
宝塚自然の家アスレチックチラシ表

利用禁止だったアスレチックの一部が、リニューアルして利用できるようになったそうです!

利用できるのは、日曜・祝日の10:00~15:30限定という厳しさですが、さっそく体験に行ってきました!
宝塚自然の家アスレチックチラシ裏

自然の家は、宝塚市街から車で40分。駐車場(無料)に車を置いて、入口の長机で受付をします。スタート地点は、バーベキュー場の近くとなっています。以前の場所とは違うので、要注意!
宝塚自然の家アスレチック入口

最初に、体験するのは「円盤つな渡り」。縦に張られた綱を頼りに、木の上を渡っていきます!
足場の木の円盤がぐらぐらするので、大人は体重を支えきれず断念する人が続出!「比較的簡単なコース」と聞いていたのに、なかなか難易度が高いです。
宝塚自然の家アスレチック円盤つな渡り

次は、「つり橋」。後ろの人を怖がらせるために、わざと揺らす小学生。アスレチックあるあるですが、こちらは高所恐怖症でなければ余裕。

3つ目は、「でこぼこタイヤ」。なかなかしっかりしたタイヤが埋まってくれていたので、こちらも小さな子でなければ余裕。

そして、ラストは「ぶらぶら橋」と「丸太渡り」!
右の斜面を登ってぶらぶらする丸太を慎重に渡り、最後は下って丸太の橋を渡ってフィニッシュです!
宝塚自然の家アスレチックチラシ表

所要時間約15分となっていましたが、小学校低学年だと10分かからず、あっという間でした。大人は、一番最初の円盤つな渡りが、まさかの難所という結果でした。

自然の家は芝生公園も利用できるので、簡易テントを持ってボール遊びをしたり、昆虫採集をしたりするのもいいですね!アスレチックの完全復活も期待します!

 

宝塚自然の家はこちら
【開所日時】日曜・祝日 10:00~16:00

(とんち)

 

ジモネタ宝塚

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ